転妻のひとりごと

『幸せのパンケーキ淡路島リゾート』完全レポート!子連れにも優しいインスタ映えスポット

幸せのパンケーキ淡路島リゾート完全レポ

ご訪問ありがとうございます。転妻なっちです!

なっち
なっち
7月下旬、息子が生まれてから初めて4人での家族旅行に行ってきました♪

昨年の転勤で久しぶりに関西に戻ってきたため、今回の旅先は『淡路島』をチョイス!

関西方面からは明石海峡大橋一本で行くことができる淡路島。

綺麗な海に囲まれて、ちょっとしたリゾート感を味わいつつ、県立淡路島公園や明石海峡公園など無料の遊び場も充実していて、子連れファミリーにもぴったりな旅行先です。

なっち
なっち
魅力いっぱいの淡路島ですが、今回の旅行のプランニング中に素敵なお洒落スポットを発見してしまいました!

その場所とは…

幸せのパンケーキ 淡路島リゾート!!

なっち
なっち
『幸せのパンケーキ』って、大阪や東京などにも店舗がある人気パンケーキ店なんだそう

しかも2019年7月7日にオープンしたばかり!

新しい物好きの私としては是非行ってみたい!

という事で、今回の淡路島旅行中に家族4人で行ってきました!

今回は、NEWオープンしたばかりの『幸せのパンケーキ 淡路島リゾート』の完全レポートをお伝えします。

なっち
なっち
新しくできたばかりの施設なので、これから淡路島旅行に行かれる方は是非チェックしていってください
スポンサーリンク

『幸せのパンケーキ』って?

幸せのパンケーキとは、TV、雑誌でも多数取り上げられている人気パンケーキ店。

世界一ふわふわでしっとり感のあるパンケーキに、濃厚でクリーミーなニュージランド産マヌカハニーと北海道産生乳を使用した発酵バターをブレンドしたホイップが添えられ、口に入れた瞬間まさに『幸せ』を感じるパンケーキを提供しています。

もともとはブライダルで提供されていたパンケーキが好評で人気が集まり、2014年7月に大阪の南船場に1号店をオープン。

その後、2015年3月に大阪の本町、2015年11月には東京にも進出し、表参道に1号店がオープンしました。

2019年8月現在では、日本国内に26店舗を展開し、さらには海外進出も果たして香港にも店舗があります。

幸せのパンケーキ店舗検索

なっち
なっち
そんな幸せのパンケーキが、満を持して今年7月オープンした最新店が『淡路島テラス店』なんです!
スポンサーリンク

淡路島リゾートのここがすごい!

全席オーシャンビュー

他店舗では味わえない、淡路島テラス店の最大の魅力。

それはなんといっても全席オーシャンビューという絶景!

淡路島テラス公式HPより

 

リゾート感を味わえるテラス席や、波の音も楽しめるロマンチック感満載のカップルシート、ゆったりリラックスできるファミリーシート、さらにはペットも同伴できるドッグエリアまで完備。

テラス席のみではなく、室内席も含むすべての席(店内52席・店外141席)から海が見られるので、雨天の場合や夏以外のシーズンでも快適に景色を楽しむことができます。

もはやリゾート施設

淡路島テラス店は『幸せのパンケーキ 淡路島リゾート』内に位置するパンケーキ店のこと。

『淡路島リゾート』のエリア内には、パンケーキ店以外にもリゾートの名に相応しいお楽しみスポットがたくさんあります

淡路島カフェ

カフェ&バー公式HPより

 

淡路島カフェはプールとジャグジーのあるカフェ&バー!

イベントなどに利用できるそう。

なっち
なっち
よく海外のリゾートホテルで見るやつ… まさかこれがパンケーキ屋さんにあるとは!

岬のブランコ

岬のブランコ公式HPより

 

青い海と青い空をバックに設置された木製のブランコ。

なっち
なっち
解放感半端ない!!(笑)

夕暮れ時なら、ブランコに揺られながら写真のような素敵なサンセットを眺められます。

幸せの鐘

幸せの鐘公式HPより

 

淡路島の青い海に映える真っ白な鐘。

デートで訪れたカップルならテンションが上がっちゃうこと間違いなしのお洒落スポットですね♪

 

海沿い子供広場

子供広場公式HPより

 

お店の隣には、なんとテニスコートまで!!

公式HPによると、ボールが置いてあるので自由に使っていいそうです。(ラケットは持参かな?)

ネットを超えたらすぐ海なので、ホームランしてしまった場合はボールは回収不可かもしれません(笑)

なっち
なっち
もはやパンケーキ店とは思えない充実っぷり…『リゾート』というネーミングがしっくりきますね。
スポンサーリンク

『幸せのパンケーキ 淡路島リゾート』へ行ってみた

2019年7月下旬の某日。

家族旅行の2日目に、いざ淡路島リゾートへ訪問!

夏季の営業時間は、平日 10:30~20:30 土日祝 10:00~20:30 とのこと。

ちなみに、幸せのパンケーキでは便利な24時間受付可能なオンライン予約サービスがあります。

メールアドレスを登録してアカウントを作成すると、翌日から2週間先までの予約が可能。

ただし、全日予約OKの店舗と、平日のみ予約OK(土日祝は予約不可)の店舗がありますのでご注意下さい。

オンライン予約ページはこちら

私たちが訪れたのは土曜日。

淡路島テラス店は土日祝はオンライン予約不可の店舗のため、予約なしで向かうことに。

Instagramで事前に情報収集したところ、土日は2時間待ちの日もあったという情報があったので、子連れの私たちは到着した時点であまりにも並んでいるようなら諦めようと決め、10時半ごろに現地へ到着。

淡路島テラス

いざ到着してみると、雨上がり後の曇り空というイマイチなコンディションだったせいか、意外にも順番待ちの列は少な目でラッキー♪

店員さんに確認してみると、3,40分以内には案内できそうとの事だったので、受付をすまして車内で待機することに。

淡路島テラス発券機で受付をして、前払いするシステム!

 

淡路島テラス手前と道を挟んだ向こう側も駐車場。かなりの台数が停められそう。

 

一旦車に戻り、3,40分ゆっくり休憩するつもりが、15分ぐらい経過した時点で確認のため私一人で戻ってみると「あと3組で呼ばれます」とのこと。急いで夫に子供達を連れてきてもらいました。

店内の待合スペースに入ったところでメニュー表をゲット。

メニュー表スイーツ系パンケーキの他にミール系メニューもあり

 

前払い制のため、席に着く前にメニューを決めてお支払いも済ませます。

なっち
なっち
淡路島テラス店はpaypay対応可能だったのでpaypayでお支払いしました♪


 

淡路島テラス待合スペースの隣はガラス張りの厨房。フワフワのパンケーキを作る工程が見られます

 

どのメニューも美味しそうで捨てがたく、結構悩みましたが、家族会議の結果「季節のフレッシュフルーツパンケーキ(1,390円)」と「紅茶ミルクパンケーキ自家製グラノーラがけ(1,350円)」の2品に決定!

お会計を済ませ、店内奥側の室内席に案内されました。(当日は朝方まで激しい雨だったため、残念ながらテラス席は使用不可となっていました)

テラス席晴天なら絶景のテラス席 (公式HPより)

 

お水や取り皿はセルフサービス。

1歳の息子がいるので、キッズチェアがあるかどうかが心配でしたが、カトージ製のベルト付きキッズチェアがしっかり準備されていて一安心。

さらに、お手洗いにもオムツ替えシートがあったので、我が家のような子連れファミリーでも安心して利用できます。

なっち
なっち
カップルが大半かと思いきや、小さい子連れファミリーもかなり多かったです

外の景色を楽しみつつ、子供たちの準備をしているとパンケーキが到着!

 

紅茶ミルクパンケーキ自家製グラノーラがけ紅茶ミルクパンケーキ自家製グラノーラがけ

 

季節のフレッシュフルーツパンケーキ季節のフレッシュフルーツパンケーキ

 

食べる前から充分に伝わるこのフワフワ感!!

5歳の娘は生まれて初めて食べるお洒落パンケーキに大興奮(笑)

肝心のお味は、フワフワ感は今まで食べてきたパンケーキの中でダントツの1位!

甘さ控えめなクリームや、濃厚な紅茶ミルクソースとの相性もばっちり!

パンケーキ1枚が直径10cm以上はあったと思うので、2皿だとかなりのボリュームでしたが、甘いもの好き夫婦と5歳娘の3人でペロッと頂いてしまいました。

お腹が満たされたあとは、リゾート内のお楽しみスポット巡り♪

予想通り、5歳娘が一番喜んでいたのは岬のブランコでした。

岬のブランコ子供達に大人気だった岬のブランコ

 

幸せの鐘はあいにくの曇り空だったため、ちょっと寂しげな雰囲気だったかな…

幸せの鐘幸せの鐘

 

晴天だったらきっとインスタ映え間違いなしの絶景スポットですね。

なっち
なっち
絶景を楽しみながら絶品のパンケーキをほおばれる。まさに『幸せのパンケーキ』という名がふさわしいお店でした。

おわりに

今年7月、淡路島に誕生したNEWスポット『幸せのパンケーキ 淡路島リゾート』は、カップルや友人どうしだけではなく、子連れファミリーやペット連れまで楽しめる素敵な空間でした!

なっち
なっち
インスタ映えする撮影スポットもたくさんあるので、インスタグラマーにもおすすめ!

しばらくは混雑が予想されますが、淡路島テラス店には店舗限定のテイクアウトメニュー『パンケーキパフ』もあるので、お持ち帰りで楽しむのも良さそうですね。

パンケーキパフ公式HPより

 

淡路島へご旅行の際は、是非立ち寄ってみてくださいね!

淡路島リゾート公式HPはこちら